薬も無事に飲み終わり、受診してまいりました。

傷はほとんど治り、シコリも小さくなってきています。
薬を飲ませるのがラクならば、このままもうしばらく服用させるのがいいのだろうけど、この子の場合、ちょっと大変だよね・・・と先生。
薬をやめて、また1ヶ月以内とかにシコリが大きくなって傷になるようならば、切ってしまおうということに。
でも、先生も私も、できることなら手術は避けたいという考え。
先週の病院でも拒否っぷりからは想像つかないかもしれないけど、意外に飲ませるのは苦ではなかった1週間。
「もう少し薬を飲ませて、シコリが小さくなるんであれば、薬、がんばりたいと思うんですけど]
と言ってみたら、先生も賛同してくれて、もう6日分、お薬を追加することになりました。

7月には予防接種を受けることになってるから、薬が終わったらまた行って様子を見てもらおう。
またシコリが小さくなっていれば、手術しないですむかもしれない。

話はちょいと変わるのですが。
診察中、∞エイトは看護助手のお姉さんにお任せしてたのですが。
120630.jpg
気づかれました( ̄_ ̄;)
・・・しっぽパッツン(2回目)
お姉さん、尻尾の異変に気づいたようで、ずっとシッポの先を触ってました。