先週のこと。
おねぃちゃんがおふたりをお散歩に連れて行ってくれたのは、だいぶ暗くなってきた夕方。
道まで出てお見送りしてたら、∞エイトと日和が左右に分かれて行こうとしました。
引きの強い∞エイトに気を取られている隙に、日和が側溝ギリギリを歩いてて「危ないっ!」って言った時には日和の姿が消えてました😱😱😱

ここから落ちたんですよ…
ホント焦りました。
暗くてなんやらわからんけど、黒いかたまりを抱き上げて救出。
不幸中の幸い…といいますか、普段は∞エイトしか使わないのですが、たまたまこの日は日和もフレキシブルリードだったので、スルスルスルスル~…って感じで着地できたんだと思われます。
そして、側溝には泥が溜まっていたので、衝撃もそれほどなかったんじゃないかな。
助け出したら「お散歩行きましょ♪」っていつもの調子で歩き出しましたから😅
びっこひいてないことを確認して、そのままお風呂場に直行でしたけど💦

ケガがなかったから「スルスル~って降りてくなんてルパンかコナンみたい」なんて笑えたけど、時期が時期なら、流されてしまっていたところ。
考えただけでゾッとします。

それにしても、たまたま私が近くにいたからすぐに対処できたけど、おねぃちゃん1人だったらどうなってたんだろ…
それは私が散歩してても言えること。
ちょっと気持ちを引き締めないとね。